病院概要

病院概要

院長挨拶

3年続いてきた新型コロナ感染症、感染症法の分類は2023年5月に2類から5類に変わります。しかし発症前から感染を広げるこのウイルスの厄介な性質は何ら変わりません。したがってこのウイルスが基礎疾患のある患者さんの脅威となる限りこれからも医療施設内ではゼロコロナの理想が求められるでしょう。当面の問題は新型コロナ対策各種補助金の漸減・廃止が始まることです。費用対効果の吟味は大きな議論の的となりますが、新型コロナも歴史的俯瞰をすれば(100年前のスペイン風邪は3年で収束)数年単位で日本人の集団免疫が獲得され鎮静化することが期待されます。

一方もっと厄介かつ根源的な問題があります。人口減少、少子化、高齢化といった日本の社会構造の変化です。医療は20世紀からこの影響をジワジワと受けてきましたが、ここ数年でこれまでにないダイナミックな変化がまず病院に訪れると思います。

例えば医療を取り巻く環境変化の加速はパンデミック前から始まっていました。具体的には人口減少、高齢化対策として厚労省から地域医療構想が提起されました。群馬県でも2015年の第7次群馬県保健医療計画以来継続的に組み込まれています。団塊の世代が75歳以上になる2025年に構想区域内(二次医療圏内)の効率化実現を目標に医療提供体制構築の見直しが強力に進められます。手始めに今年は2024年4月からの「医師は働き方改革」施行を睨んで群馬県でも一段とギアが上がり様々な動きが起ると思います。

感染症、社会構造の変化、医療体制が互いに影響しあい、リンクしながら変化していく、そんな時代の区切りに「たかまえ病院」は生まれ変わります。その役割は、重装備で潤沢なマンパワーが必要な高度急性期~急性期ではなく、回復期~慢性期の患者さんを対象に効率的で良質な医療を提供することです。限られた予算、マンパワーでこれを実現することは簡単ではありませんが、前橋インター極至近という地の利を生かして柔軟な対応を心がけ少しずつ育んで行きます。困難だがやりがいのある仕事(Challenging but Rewarding)を合言葉に職員一同、地域、そして群馬県民から愛される病院をめざします。

医療法人ゆかり たかまえ病院
院長 飯塚 邦彦

病院理念

地域に根付いた病院で在りつづけるために…

  • 地域医療と密に連携し、群馬県民の生活基盤をつくります。 
  • 入院生活は人生の1ページ。最適な医療を提供します。 
  • 職員が互いに尊重し、愛し合える「たかまえファミリー」になります。

新しいロゴに込めた想い

地域の縁、人との縁を「縁結び」の結び目で表現 ゆかりとは「関わり合いやつながりがあること」の意味。 新しいロゴは地域の縁、人との縁をイメージしてデザインしました。 二本の線は「地域(高崎と前橋)」と「人」を意味し、地域と人が行き交い、結ばれ合う様子を縁結びの結び目で表現。 これには病院が地域と人とを縁結びする場所で合ってほしいという願いが込められています。

病院概要

法人名医療法人ゆかり
名称たかまえ病院
施設ホームページhttps://takamae-hp.jp/
所在地〒370-0001 群馬県高崎市中尾町1230
Googleマップ
施設形態ケアミックス
標榜診療科一般内科
全病床数99床(一般病床49床、療養病床50床)
カルテ電子カルテ

施設基準

  • 情報通信機器を用いた診療に係る基準
  • 急性期一般入院基本料1
  • 療養病棟入院基本料1
  • 救急医療管理加算
  • 診療録管理体制加算2
  • 医師事務作業補助体制加算2(50対1)
  • 感染対策向上加算3
  • 後発医薬品使用体制加算1
  • データ提出加算(Ⅰ)
  • 入退院支援加算2
  • 地域包括ケア入院医療管理料1
  • 入院時食事療養1
  • 薬剤管理指導料
  • 別添1の「第14の2」の1の(3)に規定する在宅療養支援病院
  • 在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
  • 検体検査管理加算(Ⅰ)
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅲ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 酸素の購入単価
  • 医療情報・システム基盤整備体制充実加算